お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止~お客様へのお願いと当館の対策について~

2020.08.25

いつもピッコロシアターをご利用いただき、誠にありがとうございます。 当館では、お客様、職員・スタッフなど、劇場を利用する方の安全と安心のため、下記の取り組みを実施するとともに、ご利用の皆様にもご協力をお願いしております。

来館されるお客様へのお願い

下記に該当する方は、来館をお控えください。

  1. 体調がすぐれない方、体調に不安のある方
  2. 37.5度以上の発熱や次の症状がある方
    咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐
  3. 新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方及びその疑いのある方との濃厚接触があった方
  4. 過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方

来館時と館内でのお願い

  1. 入館時に入口での検温にご協力ください。37.5度以上の発熱が認められた場合、入館をお断りする場合があります。
  2. 館内では原則としてマスクの着用をお願いいたします。マスクの着用のない方の入館をご遠慮いただく場合があります。また、お子様は、体調に配慮して可能な範囲で着用をお願いします。
  3. 咳エチケット、こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。
  4. 他のお客様との十分な間隔(1~2m)を空けるようにしてください。
  5. 大きな声での会話はお控えください。
  6. 館内に掲示のQRコードを読み込み、「兵庫県新型コロナ追跡システム」へのご登録をお願いします。感染者の利用が判明した場合、登録者に注意喚起情報を通知します。
    ▶「兵庫県新型コロナ追跡システム」

施設を利用される主催者様へのお願い 

利用前

  1. 企画段階から、三密(密閉・密集・密接)を回避する工夫をお願いします。
  2. 利用人数にご注意ください。
    社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)を考慮した、当面の利用人数の目安です。 受付・トイレ周り・楽屋などの混雑緩和にも配慮した実施体制を検討した上で、利用人数を決めてください。感染拡大状況によっては、今後変更になる場合があります。
施設名通常定員当面の利用人数備考
大ホール 客席396席 客席198席まで 内容によって最前列使用不可
中ホール 200人 100人まで出演者・スタッフ・観客含む
小ホール 100人 50人まで出演者・スタッフ・観客含む
練習室1―――10人まで1~2m間隔
練習室2・3 ――― 6人まで1~2m間隔
楽屋(小)1・2・5・6 ――― 5人まで
楽屋(大)3・7 ――― 9人まで

◆ 下記に該当する関係者(出演者・スタッフ・来場者含む)のご利用はお控えいただくよう、周知・徹底ください。

  1. 体調がすぐれない方、体調に不安のある方 
  2. 37.5度以上の発熱や次の症状がある方
    咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、 頭痛、関節、筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐
  3. 新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方及びその疑いのある方との濃厚接触があった方
  4. 過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方

◆ 連絡先の把握

関係者(出演者・スタッフ・来場者含む)の氏名と連絡先を把握してください。特に、来場者へは 「兵庫県新型コロナ追跡システム」の登録を積極的に呼びかけしてください。感染者が発生した際は、保健所等の公的機関へ情報提供する場合があります。スマートフォンをお持ちでないなど同システムを利用されない方に対しては、記入用紙(入館者カード)を当館でもご用意しておりますので、 氏名・連絡先の記帳用としてご利用ください。

準備~実施

  1. 公演の運営には、必要最小限の人数を検討してください。ただし、受付の混雑緩和や検温・手指消毒対応などのための人員は確保するようにしてください。
  2. 表現上困難な場合以外は、マスク着用を心がけてください。
  3. 出演者間で十分な間隔をとるようにしてください。
  4. 出演前後の手指消毒・手洗い・うがいを徹底してください。
  5. 機材や備品、用具等の取り扱い者を選定し、不特定者の共有を制限するようにしてください。
  6. 仕込み・リハーサル・撤去等は十分な時間を取り、密な空間の防止に努めてください。
  7. 館内に消毒液を設置しておりますが、在庫に限りがあります。主催者様もご持参ください。

◆ 会場内

  1. 受付で非接触型体温計による検温など、来場者の体温確認をお願いします。また、体調の悪い方の来場をご遠慮いただくよう周知してください。
  2. 入場時のチケット確認を簡略化してください。(目視とし、もぎりをしない、来場者自身でもぎる等)
  3. 入場時は間隔(1~2m)をあけて並ぶよう配慮してください。
  4. トイレは、床の表示に沿って並ぶよう配慮してください。
  5. プログラムを区切る、時間差を設ける、入替制にする等、一度に多数が集まらないよう工夫してください。
  6. パンフレット・チラシ・アンケート等は、手渡しによる配布を避けてください。
  7. 来場者にマスク着用や咳エチケット、手指の消毒を徹底してください。
  8. 客席・ロビー・ホワイエ等での不必要な会話はお控えください。また、ロビー・ホワイエ等での対面での飲食はお控えください。
  9. 座席は、前後左右に充分な間隔を空けて配席してください。
  10. 原則として、大ホールの最前列席は使用せず、舞台から客席まで十分な距離を取ってください。 また、中・小ホールでは舞台から客席まで2m程度を空けるようにしてください。
  11. 来場者と接触するような演出(声援を送る、来場者を舞台に上げる、出演者が客席に降りる、ハイタッチをする、観客も歌う等)は行わないでください。
  12. 余裕を持った休憩時間を設定し、トイレなどの混雑緩和に努めてください。
  13. 退場時に密集状況が生じないよう、時間差やゾーンごとの退場を行う等の誘導を行ってください。

◆ 物品販売

  1. 現金の取扱いをできるだけ減らしてください。現金の収受を行う場合はトレーで行うなど、接触の機会を減らす工夫をお願いします。
  2. 物販を行う場合、適度な間隔(1~2m)開けて並んでいただくようにお願いします。
  3. 物販に関わる方は、マスクの着用と手指消毒を徹底してください。
  4. 対面販売を行う場合は、アクリル板や透明ビニールカーテンを設置してください。
  5. サンプル品や見本品はできるかぎり取り扱わないこととし、取り扱う場合も来場者が直接手で触れないよう展示を工夫してください。

終演後の退場時

  1. 余裕を持った退場時間を設定し、時間差での退場等を行ってください。
  2. 出待ちや面会、プレゼント等は控えるよう呼び掛けてください。
  3. 主催者は会場内の清掃・消毒にご協力ください。

◆ 楽屋

  1. 利用人数を遵守するとともに、十分な換気を行ってください。
  2. 大きな声での会話は控えてください。
  3. 楽屋での面会は控えてください。
  4. プレゼント、差し入れ等は控えてください。
  5. 楽屋等では使い捨ての紙皿やコップを使用するようにしてください。
  6. 使用後は清掃し、ゴミは全てお持ち帰りください。

◆ 感染が疑われる方が発生した場合

  1. 感染が疑われる方が発生した場合、速やかに隔離し、劇場職員と連携して対応してください。
  2. 対応するスタッフは、マスクや手袋を着用してください。

◆ 公演後

兵庫県新型コロナ追跡システム登録者以外の関係者(出演者・スタッフ・来場者含む)について把握した氏名と連絡先は1か月程度保管してください。個人情報の保護の観点から、名簿等の保管には十分な対策を講ずるようにしてください。

ピッコロシアターの対策

  • スタッフは毎日検温し、健康状態を確認します。手洗い、うがい、手指の消毒を徹底します。
  • スタッフは原則として、マスクを着用し、必要に応じてフェイスガードや手袋を使用する場合があります。
  • 館内入口に、赤外線サーモグラフィを設置します。
  • 館内入口、各施設前に消毒液を設置します。
  • 楽屋、トイレ、練習室洗面台、練習室前の給湯室にハンドソープを設置します。
  • 館内清掃と共用部分の消毒を徹底します。
  • 館内換気を徹底します(劇場内には高機能の換気システムが導入されています)。
  • 館内に「兵庫県新型コロナ追跡システム」のQRコードを掲示します(感染者の利用が判明した場合、登録者に注意喚起情報を通知するものです)。
  • 非接触型体温計等を貸出します(事前に要相談)。
  • 大中小ホール受付台にアクリル板を設置します。
  • 床面にソーシャル・ディスタンスの目安となるテーピングを行います。
  • 「来館者カード」をご用意します。
  • トイレ内のハンドドライヤーは使用中止にします。
  • 手荷物等の預かりやブランケットの貸出サービスを休止します。         

※なお、感染状況の変化によっては、今後、方針を変更することがあります。

お問い合わせ・ご相談

ご不明な点やご不安な点は、ご遠慮なく下記までご相談ください。

ピッコロシアター TEL 06-6426-1940  FAX 06-6426-1943

お知らせアーカイブ