公演・募集情報

募集

ピッコロシアター文化セミナーラボ〈1〉「今、チェーホフがカッコいい!」

2022年6月23日(木)11時

世界の名女優たちが演じ続ける『桜の園』
映画「ドライブ・マイ・カー」の中にも登場した『ワーニャ伯父さん』
様々な作品のモチーフにも選ばれる『三人姉妹』『かもめ』…etc
シェイクスピアとともに日本での上演機会の多いチェーホフ作品。
ロシアを代表する作家チェーホフは、今私たちに何を訴えかけてくるのか?
チェーホフに魅せられた二人の演出家が、チェーホフをしゃべり倒します。


第一線で活躍する著名な舞台人や作家、評論家の方々のお話を聞く教養講座〈ピッコロシアター文化セミナー〉。開館以来続く名物企画をさらに深堀するミニ講座を開講します!

・来場される際は、◆マスク着用 ◆手指消毒 ◆検温などにご協力ください。
・37.5度以上の発熱がある方やマスク着用のない方は、ご入場をお断りする場合があります。
・発熱や風邪の症状のある方や体調がすぐれない方は、来場をお控えください。
・感染状況の変化によって、急遽、中止や内容を変更する場合がありますので、ご了承ください。
・ピッコロシアターの感染防止対策は こちら をご確認ください。

開催日時

2022年6月23日(木)11:00~12:30
※アーカイブ配信を予定(詳細は後日発表)

会場

ピッコロシアター 小ホール 
※参加者が増えたため、当初予定していた閲覧室から、会場を変更しました。

講師

島守辰明(ピッコロ劇団)

ロシア国立モスクワ・マールイ劇場及び附属シェープキン演劇学校にて研修。2006年ピッコロ劇団入団。主な演出・翻訳作品に、『ワーニャ伯父さん!』『私のかわいそうなマラート』『喜劇 かもめ』『長い墓標の列』『もういちど、鴨を撃ちに』など。ピッコロ劇団以外にも劇団神戸などで演出。ピッコロ演劇学校研究科主任講師。新国立劇場演劇研修所や近畿大学、関西学院大学などで非常勤講師をつとめる。平成28年度尼崎市民芸術賞受賞。
2022年7月16日~27日上演のピッコロ劇団第73回公演「三人姉妹」では翻訳・演出をつとめる。

松本 修(演出家/MODE主宰)

劇団文学座の俳優を経て、1989年に演劇集団MODEを設立。チェーホフ、ベケット、ワイルダー等の海外戯曲を独自のワークショップで再読、再構成する。2000年代はカフカの小説を多数舞台化。MODEは2016年より活動休止していたが、2020年『魚の祭』で再始動した。読売演劇賞優秀演出家賞、同優秀作品賞、千田是也賞、紀伊國屋演劇賞個人賞など受賞。2022年3月まで近畿大学文芸学部芸術学科教授。
ピッコロ劇団では、2007年 第28回公演『場所と思い出』演出、2008年第32回公演『桜の園』台本・構成・演出を手掛ける。

料金

入場無料・要申込(先着50名)
※当初の定員20名から50名に変更しました。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

申込方法

  • ピッコロシアター事務所
  • 電話予約 06-6426-1940
  • 申込フォーム ▶こちら
    【受付開始】5月24日(火)

関連公演

兵庫県立ピッコロ劇団第73回公演「三人姉妹」
作=A.チェーホフ 翻訳・演出=島守辰明(ピッコロ劇団)
2022年7月16日(土)~7月27日(水)
ピッコロシアター 中ホール

主催

主催:兵庫県立尼崎青少年創造劇場
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

お問い合わせ

ピッコロシアター TEL:06-6426-1940 
〒661-0012 尼崎市南塚口町3-17-8 (月曜休館、祝日の場合は翌日)

一覧へ戻る

公演概要

開演日時
2022年6月23日(木)11時
会場
ピッコロシアター 小ホール
チケット
入場無料・要申込(先着50名)
連絡先
ピッコロシアター 06-6426-1940

ピッコロシアターについて

詳しくはこちら