公演・募集情報

主催

ピッコロシアター鑑賞劇場 文学座「欲望という名の電車」

2022年11月12日(土)15:00 13日(日)13:00

テネシー・ウィリアムズの最高傑作にして、アメリカ演劇の不朽の名作。
「欲望」という名の電車に乗って、「墓場」という電車に乗り換え、「天国」で下車し現れたブランチ。ニューオーリンズの熱気の中で生き抜いてきたスタンリー。相反する二人の強烈なエネルギーの衝突が織りなす人間ドラマ。

1947年ブロードウェイにて初演、その4年後の映画化を経て、1953年文学座が杉村春子のブランチ、北村和夫のスタンリーで日本初演を果たしました。

今回は2019年に『ガラスの動物園』を新訳した小田島恒志、そして演出を担当した高橋正徳が新キャスト・スタッフと共に創造します。

新たな伝説の誕生をお見逃しなく!





・来場される際は、◆マスク着用 ◆手指消毒 ◆検温などにご協力ください。
・37.5度以上の発熱がある方やマスク着用のない方は、ご入場をお断りする場合があります。
・発熱や風邪の症状のある方や体調がすぐれない方は、来場をお控えください。
・感染状況の変化によって、急遽、公演の中止や内容を変更する場合がありますので、ご了承ください。
・ピッコロシアターの感染防止対策は こちら をご確認ください。

作・演出・訳 

作=テネシー・ウィリアムズ
訳=小田島恒志
演出=高橋正徳

出演

ブランチ 山本郁子

スタンリー 鍛治直人

ミッチェル 助川嘉隆

ステラ 渋谷はるか

中川雅子、大滝 寛、沢田冬樹、千田美智子、柴田美波、西村知泰、磯田美絵、小林勝也

※スタンリー役で出演を予定しておりました横田栄司は、体調不良により降板し、代わりに鍛治直人が出演します。 詳しくは、文学座HPへ

スタッフ

美術=乘峯雅寛 照明=阪口美和 音楽=三枝伸太郎 音響=原島正治 衣裳=小林巨和
アクション=渥美博 振付=神崎由布子 舞台監督=加瀬幸恵 演出補=大内一生
制作=梶原優 最首志麻子 白田聡 宣伝美術=三木俊一(文京図案室)
アートワーク=中山晃子

公演日程

2022年11月
12日(土)15:00 *高校生(演劇科)の団体も鑑賞します。
13日(日)13:00 
・開場は開演の各30分前

会場

ピッコロシアター 大ホール

料金

全席指定(税込)
一般4,500円
高校生以下2,000円
※ピッコロサポートクラブ会員割引有
※未就学児のご入場はご遠慮ください

予約受付開始

9月16日(金) ※ピッコロサポートクラブ会員先行予約9月14日(水)

チケット取り扱い

ピッコロシアター 06-6426-1940 劇場事務所で販売。電話予約⇒当日精算も可。
チケットぴあ https://t.pia.jp WEBのみで販売
ローソンチケット https://l-tike.com  WEBのみで販売

主催

兵庫県立尼崎青少年創造劇場

お問い合わせ

ピッコロシアター TEL 06-6426-1940 FAX 06-6426-1943
〒661-0012 尼崎市南塚口町3-17-8 (9:00~21:00 月曜休館、祝日の場合は翌日)

一覧へ戻る

公演概要

開演日時
2022年11月12日(土)15:00 13日(日)13:00
会場
ピッコロシアター 大ホール
チケット
一般4,500円、高校生以下2,000円
発売日
9月16日(金)発売開始
連絡先
ピッコロシアター 06‐6426‐1940

ピッコロシアターについて

詳しくはこちら