学校Q&A

学習内容について

Q.演劇学校の<本科>と<研究科>の違いは何ですか?

 <本科>は主に初心者を対象としています。これまで全く演劇経験がない方はもちろん、アマチュア劇団、あるいは学生時代に演劇部・学生劇団で活動していた方で、改めて基礎訓練や体系的な演劇指導を希望される方も対象に、基本の充実を目的としたカリキュラムとなっています。
<研究科>は、<本科>修了者、またはプロ劇団の養成所・俳優養成機関・芸術系大学等を修了した方を対象として、さらに高度な演技術、劇団立ち上げのノウハウなど、実践的なカリキュラムとなっています。
※お悩みの方には、まずは<本科>入学をお勧めします。これまでのキャリアをもとに、どちらを受験しようかお悩みの方は、ご遠慮なく事務局までお問い合わせください。

Q.1年通うことで、どれくらいの学習成果が期待できますか?

演劇学校・舞台技術学校の入学者のほとんどが、それまでまったく経験が無かった方々です。卒業までの1年間で主に基本を学んでいただきますが、本物の劇場・実際の機材を使って学習するメリットにより、本人の意欲次第では、相当に密度の濃い実践的な技術も習得可能です。また、1年間修了後には、さらに知識・技術を深めることを希望され、2年、3年と続けて通学される方が例年多くいらっしゃいます。

Q.授業の見学は出来ますか?

現役生の授業の妨げになるため、随時の見学はできません。
ただし、お問合せにより、劇場の空き時間等を考慮のうえ、教室(劇場)のご案内、担当者による学校概要説明をさせていただきます。
また、年に数回、実際の授業に体験参加いただく「オープンキャンパス」を開催しています。学校概要、年間カリキュラムなどの説明、質疑コーナーを設けておりますので、ぜひご参加ください。

入学・選考試験について

Q.演劇学校と舞台技術学校の両方に、同時に入学(在籍)することはできますか?

できません。ただし、ピッコロで学ぶ大きなメリットとして、演劇学校生は舞台技術学校の授業に、また舞台技術学校生は演劇学校の授業に、追加費用なし聴講することが可能です。    ※両校とも受験いただいて結構です。どちらも合格した場合には、いずれの学校に入学するか選択していただきます。

Q.選考試験のために何か勉強、準備をした方が良いですか?

特に必要ありません。

Q.演劇学校の試験科目に「朗読」と「動き」とありますが、全く経験がなくても出来るでしょうか?

簡単な「実技」ですので、演劇経験がなくてもまったく問題ありません。
審査では上手、下手を見るわけではなく、取り組みの真剣さ、一年間学習できる程度に健康かどうかを見せていただきます。合格すれば基礎から指導しますので、事前の経験の有無は関係ありません。

通学について

Q.会社で働きながら、あるいは大学や専門学校に行きながら、通学することは可能ですか?

可能です。発表会や公演の前など、練習が増え準備等で忙しくなる時期もありますが、それぞれ仲間に事情を伝え、了解を取り合いながら、うまく都合をつけて取り組まれています。
実際に、毎年、多くの社会人や学生の方が入学し、卒業されています。

Q.奨学金制度はありますか?

演劇学校<本科>修了後、続けて<研究科>に進学される方(若干名)を対象に、申請により給付が受けられる制度があります。
※本科(1年間)での受講態度・学業成績および出席状況を考慮のうえ、主任講師が優秀な方を推薦し、選考のうえ奨学金が受けられます。
※奨学金制度は演劇学校のみ対象です。
※給付される奨学金について、将来の返還義務はありません。
※支給される金額は、研究科年間授業料の1学期分相当です。

Q.通学定期を購入する際、学生割引等が適応されますか?

当校は学校法人ではありませんので、公共交通機関の学割制度等は適用されません。

卒業後について

Q.卒業生も演劇・舞台関係に関わっている方はいますか?

関西や東京の劇団でプロとして活躍している人、地域の文化活動に参加している人、教育現場で学んだ知識を活かしている人など様々います。

Q.卒業後、兵庫県立ピッコロ劇団に入団できますか?

入団に向けての優遇は特にはありません。一般受験者と同様、入団オーディションを受けて頂きます。
これまでの実績として、ピッコロ劇団に入団した卒業生は多くいます。

ピッコロシアターについて

詳しくはこちら